BEAUTY

指先もエシカルに。世界が恋するヴィーガンネイル『OROSA(オロサ)』とは?

ジェルネイルをやめて早1年半。
薄くてペラペラだった自爪もケアの甲斐あって無事強くなりました。

ショートネイル派で色もコロコロ変えたいわたし。
なにか良いネイルポリッシュがないか探していたところ、今世界が注目するヴィーガンネイル『OROSA』を発見!

ネイルもエシカルにできる時代。今回は、そんな注目のネイルブランド『OROSA(オロサ)』を紹介します。

『OROSA(オロサ)』とは?


2019年・夏にローンチしたばかりのアメリカ発”ヴィーガンネイル”。
現在15種類ある肌馴染みの良いカラーは、もちろん全て植物ベース
速乾性で平筆を使用していることから爪に塗りやすくお手入れのしやすさも抜群なんだとか。
そんな高品質さで値段はわずか$12(日本円で1300円)。低価格なこともあり世界中から注目が高まっています。

さらに、オロサネイルは『The Nope List』というリストを公表。
生産の過程で行わない14個のことを記しています。

OROSAの掲げる”14″の『The Nope List』

安全で安心な製品を作るために掲げた14のリスト。
疑わしく、有害な成分は一切使用しない事を宣言、情報の透明性を示しています。

1,ホルムアルデヒドは使用しない

ネイル液を硬化させる作用のあるホルムアルデヒドは、皮膚の炎症やアレルギー反応を起こす危険性があります。

2,フタル酸ジブチル(DBP)は使用しない

ネイルを乾燥させた後の持ちをよくする為に使用されるDBPは、男女両性の生殖機能や胎児に対して有害な影響を及ぼす作用があると言われています。

3,ホルムアルデヒド樹脂は使用しない

ネイルの仕上がりを強化するために使われるホルムアルデヒド樹脂は、皮膚の炎症やアレルギー反応を起こす危険性があります。

4,トルエンは使用しない

ネイル液の成分同士を溶解する働きのあるトルエンは、吸引によって頭痛やめまいなどを起こす可能性があります。

5,樟脳(しょうのう)は使用しない

ネイルの仕上がりや強度をあげる為に使用する樟脳(しょうのう)は、長期間の使用で肝臓の損傷に繋がる可能性があります。

6,リン酸トリフェニルは使用しない

ネイル液が乾燥後に欠けやすくするのを防ぐ為に使用されるリン酸トリフェニルは、生殖機能や内分泌系の要素に対して毒性を持っています。

7,エチルトシルアミドは使用しない

ネイル液を平らにする助けをする作用のあるエチルトシルアミドは、抗生物質耐性菌の進化を促進させる働きがあると言われています。EUではこの成分の使用は認められていません。

8,キシレンの使用はしない

ネイルの液が固まる過程で蒸発をし、他成分の溶解を助ける働きのあるキシレンは、吸引によって頭痛やめまいなどを起こす可能性があります。

9,MEHQ(メキノール)/ HQ(ハイドロキノン)は使用しない

ネイルの質感を保つ為に使用されるMEHQ(メキノール)/ HQ(ハイドロキノン)は、発がん性があると言われています。

10,MIT(メチルイソチアゾリノン)は使用しない

防腐剤として使用されるMIT(メチルイソチアゾリノン)は、皮膚炎を引き起こす可能性があります。

11,パーム油は使用しない

粘着の調整の為に使用されるパーム油は、その生産過程による森林伐採と環境破壊が重大な問題となっています。

12,パラベンは使用しない

ネイル液の状態を保つ為に使用されるパラベンは、乳がんの原因・紫外線に対しての皮膚の弱まりなどが懸念されます。

13,動物由来成分は使用しない

ネイル液によく使用される動物性成分は、人間に害を与えることはありません。しかし、動物の命と引き換えにすることなく生産することをポリシーとして掲げています。

14,グルテンの配合はしない

ケラチンと結合し生成されるグルテンは、自己免疫疾患であるセリアック病の方が炎症を引き起こす可能性があります。

まるでアート!オロサのインスタアカウント

環境にも人間にも優しいオロサの魅力は製品の質だけではありません。
まるでアート作品のようなインスタグラムのアカウントも必見。
アカウントをチェックする
大人可愛いデザインがたくさんあるので、セルフネイルの参考にも大活躍です。


ニュアンスカラーで作るフレンチネイル。
カラフルなのに、子供ぽく無く大人可愛いデザイン。


単色カラーに遊びゴコロを+(プラス)したネイル。
挿し色である「Midnight」の色味が、グンと知的な印象を与えます。


基本カラーで作るストライプネイル。
定番のカラーだけでできるので、色味の参考にもなります。

まとめ

いかがでしたか?世界中が恋する理由がわかりますよね。
また『The Nope List』を見て、従来のマニキュアはこんな成分が入っていたんだ・・と少し怖くなりました。

ネイルも植物ベースで気持ちよく使えたら、毎日自分の爪を見てワクワクしそうですよね。

残念ながら、こちらの製品はまだ日本の店舗での取り扱いはありません。
買える日が来るのが待ち遠しいです。
その日がきたら、ツイッターやインスタグラムでまた情報を発信していきます。

ABOUT ME
Narumi
1994年生まれ。イラストレーターとして活動を始め、大学時代1年間NYへ留学。アートや環境問題への興味を抱き、「美しく、自然と暮らす」を掲げライターとして当サイトを立ち上げる。現在WEBデザインと漢方学を勉強中。25歳。