BEAUTY

ふっくらしっとりの肌へ、乾燥を防ぐナチュラル・オーガニックボディクリーム7選。

季節の変わり目や急な寒さ、暖房による暑さなど、乾燥肌には大敵ですよね。
20代になって一年中「保湿」は欠かせなくなりました。

今回はアウトバス後や乾燥が気になった時に使える、自然派ボディクリームを紹介します。

Alaffia(アラフィア)-SHEA BUTTER

alaffia_body
アメリカ発のオーガニックボディケアブランド『Alaffia』。
『SHEA BUTTER(シアバター)』は顔にも使える全身用ボディバターです。

無香料のシアバターは、西アフリカ・トーゴで作られ「フェアトレード」したものを精製せず使用
保湿力は抜群で、豊富なビタミン・ミネラルの成分がふっくらハリのある肌へと導きます。

LUSH(ラッシュ)-ドリームクリーム

dreamcream_body
アウトバスに使用するクリームは、「つけ心地はなるべくサラっと、でも高保湿」が絶対条件の方にオススメ。

オーツミルクなどの自然由来原料が肌に浸透し“つけ心地は軽く・しっかり保湿”を実現します。
ローズエキスやラベンダーオイルの効果あってか、こちらの商品を使ってからボディの肌荒れが軽減しました。

クルエルティーフリー・ヴィーガン・パッケージへの製造日時表記など情報もしっかり記載されていて安心して使用できるところもお気に入りです。

100%ピュア-ノーリシングボディクリーム(ココナッツ)

100pure_body
カリフォルニア発のナチュラルコスメブランド。
植物エキスと植物オイルのみで作られたヴィーガンクリームには、フルーツオイルやアボカドバターの成分も配合されていて、肌を長時間なめらかにしてくれます。

開閉が楽で衛生的なチューブタイプの容器も◎

THE BODY SHOP-ボディバター

bosyshop_body
イギリス発のナチュラルボディケアブランド。全製品ベジタリアン対応・クルエルティフリーであることを宣言しています。

使用される原料は、ブランド独自のフェアトレードプログラム『コミュニティトレード』で調達。
生産者や製造者の生活環境を守る活動へも積極的なブランドです。

代表するアイテム「ボディバター」はオンライン限定商品も含めて14種類とラインナップも豊富。
肌質や状態に合わせて好きな香りをチョイスできます。

コミュニティトレードとは、「援助ではなく取引を」をコンセプトに、支援を必要とする世界各地のコミュニティ(地域)の人々と原料や雑貨を直接取引し、コミュニティの経済力、社会的改善を長期的にサポートするザ・ボディショップ独自のプログラム。詳しくはこちら

lavera(ラヴェーラ)-ボディローションワイルドローズ

lavera_body
ドイツ発のオーガニックコスメブランド。
オーガニック栽培や野生採取された植物を可能な限り使用し、自然の恵を最大限に活かした製品を独自開発しています。

潤いを閉じ込め、ツヤ肌へと導くボディローションは、ツオーガニック化粧品への厳格な基準をクリアした製品にのみ与えられるNATRUE認証と、VEGAN認証の2つの認証マークを持っています。

フレッシュに香る天然オーガニックローズは女性ホルモンを活性化させる働きもあるので、生理前などホルモンバランスが崩れがちな時にもおすすめです。

NEAL’S YARD REMEDIES(ニールズヤードレメディーズ)-フランキンセンストーニングボディクリーム

frankincense_body
乾燥の激しいフランスでオーガニック認証も受けている信頼のブランド。
8,000円と少し高めではありますが、すっと肌に馴染む感じや潤いの保ち方はさすがです…。

保湿、せきや喉痛の緩和、精神を落ち着かせる効果のある「フランキンセンス」が配合されているのでナイトクリームとして使用している方も多いそう。
寝る前にこのクリームをつけて瞑想をすると翌朝気持ちがすっきりしますよ。

F organics(エッフェ オーガニック)-ナチュラルボディミルク ローズ&イランイラン

Forganics_body
化粧水などの基礎化粧品を現在愛用中の『F organics(エッフェ オーガニック)』はボディケアラインも充実。

アボカドオイル、ブドウ種子オイル、マカダミアナッツオイル、シア脂といった植物オイルを使用し、肌に水分を閉じ込めます。

ABOUT ME
Narumi
1994年生まれ。イラストレーターとして活動を始め、大学時代1年間NYへ留学。アートや環境問題への興味を抱き、「美しく、自然と暮らす」を掲げライターとして当サイトを立ち上げる。現在WEBデザインと漢方学を勉強中。25歳。